無空庵の個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の場による心の浄化法、本当の自分を知る方法、心の平和・愛と幸せ・真我覚醒・真我実現を促す方法です。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

初回投稿日2010年6月13日
最終更新日2015年5月19日




では、今回は、ゼロ意識共鳴による効果。そして、本当の自分を悟ると、についてです。

個人セッションでは、意識共鳴により、そのときに必要なことが自然に起こっていきます。
(深い意識状態に導かれ、心が静かになり、心身に深い休息がもたらされたり、
そこから、心、自我(エゴ・マインド)、潜在意識が浄化され、心の中にあったストレスやもやもや、トラウマなど様々な悩みも徐々に解消されていき、心が軽くなっていったり等。)

また、意識共鳴を繰り返していくことにより、瞑想などをしている方はより深い瞑想ができるようになっていきますし、瞑想をしていない方も、日常での心の平和、幸福感が増してきて、ストレスなども受けにくくなっていきます。

さらに、すべてが一つである場を体験し、理解していくことで、他人への思いやりや理解も増し、人間関係等も、よりよくなっていく傾向があります。
とらわれ、ひっかかりが少なくなり、物事の流れ、人生の展開もよりスムーズになっていく傾向があります。

そして、無空庵の個人セッションは、本当の自分(ゼロ・空・無限の愛・真我)に覚醒し、それを実現することをサポートします。

セッション時に本当の自分についてお伝えし、そして、共鳴により、それをより確かなものとしていきます。

セッションを繰り返し、本当の自分とは何者かを深く理解し、受け入れていくことにより、あるいは、本当の自分であることの直接体験を重ね、再認識、再確認を繰り返していくことで、マインド、そして、存在全体に本当の自分の質が浸透していき、徐々にそれを生きていくことが可能になっていきます。

真実を生きること、本当の自分を生きること、無限の愛を生きること、無限の幸せ、無限の豊かさ、無限の自由を生きること、真我実現とも言われます。

そして、それはけっして特別なことではありません。
なぜならそれは、ただ本当の自分自身で在ることだからです。

普通です。
本当の自分を知って、普通に、自然に、軽やかに、穏やかに、爽やかに生きることです。

完全に受け容れるまでは、あるいは、それが存在全体に完全に浸透するまでは、特別な感じ、離れた感じ、人によっては強いエネルギーや特別な体験もあるかも知れませんが、完全に受容してしまえば(完全に浸透してしまえば)、小さな自分が大きな自分(真我・本当の自分)とひとつになるわけですから(統合)、そこに違和感や特別性などは全くありません。
大きな自分、小さな自分という区別もなくなります。

ただそれ、あるがままの自然な感じ、普遍性、軽やかさ、ふるさと・マイホームに帰ったような懐かしさ・落ち着き、正しい位置に在る感じ、ただ在るという感じ、対極のない愛、幸せ、喜び、自由、平和、真実、美そのものの状態、在り方です。

そして、この本質部分(本当の自分・真我・純粋意識)はマインドを超え、個人を超えていますので、外側の世界から影響を受けません。
逆に、外側の世界の源なので、あなたが本当の自分、幸せそのもの、愛そのもの、平和そのもの、美そのもの、自由そのものであるとき、周囲に大きな影響を与え、様々な変化を促していきます。

最後に、ニサルガダッタ・マハラジのI AM THATから、二つほど文章を抜粋させて頂きます。

●グル(師)は私に自己の本性と世界の本性を見せてくれた。
それを実現したため、私は世界と一つであり、しかもそれを超えているのだ。

私は欲望と恐れのすべてから自由になった。
私が自由になるべきだと論証したのではない。

まったく予期せず、何の努力もなく、私は自由であることを見いだしたのだ。
この欲望と恐れからの自由は、それ以来、私とともにとどまっている。

もうひとつ見いだしたことは、私は何の努力をする必要もなく、何の遅れも軋轢もなしに、行為が思考にしたがうということだった。

私はまた、思考が自己充足するようになり、ものごとがすらすらと、正しい場所に落ち着いていくことも見いだしたのだ。

主な変化はマインドのなかだった。
それは不動で、沈黙し、素早く反応するが、反応を永続させなくなった。

自発性が生のあり方となり、真実は自然になり、自然さは真実となった。

何にもまして、生は無限の愛、幽玄で静穏な、すべての方角に輝き、すべてを抱擁し、すべてを興味深く、美しく、意味深くする幸運なものとなったのだ。

●ひとたび目的地に到達し、真の本性を知るならば、あなたの存在はすべてにとっての祝福となる。

あなたは知らないかもしれない。
世界もまた知らないだろう。
だが、助けは広く行き渡るのだ。

世界のなかには、すべての政治家や慈善家を合わせたより以上の善を為している人びとがいる。

彼らは意図をもたず、知ることもないまま、光と平和を放っている。





形のないゼロ(空・愛)のみが、唯一の変わらない真実であり、それは色・形など一切の制限、具体性がないゆえ、無限の可能性に満ちている。
世界は、すべては無限の愛であるゼロ(無・空)の現れ。

本当のあなたは、すべての現象として現れているものでもあり、また、それらに背後にある変わらない真実でもある。
常に変化していく部分に執着したり、抵抗した時に苦しみが生まれる。
変わらない真実である本当の自分を理解し、変化する部分に抵抗せず受容できたとき、すべてをあるがままに楽しむことができる。

あなたが在るということが最も偉大な奇跡。
在るということは、個人のあなたを超えた絶対的事実であり、変わることのない真実。
それは恩恵であり、外側の世界からは全く影響を受けない絶対的に安全で安心な場所。
約束された幸せ。

名前や形の部分は変化していき、誕生や死を経験するが、この在る(存在、実在、リアリティ)は永遠である。
この在るという源から、すべてが生まれ、世界が現れている。
世界はあなたの子供であり、あなたの投影であり、あなたそのものでもある。
その理解が起これば、世界に対して、全ての存在に対して慈愛の心がわいてくる。