C.Nさん体験談・他

ここでは、「C.Nさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第二ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のC.Nさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2016年2月2日の記事をご覧ください。


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているC.Nさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

C.N様

感想ありがとうございます。

> 無空様 
>
> 感想を送らせて頂きます。
>
> 今回は前回よりも、より滑らかで、全体として在るエネルギーが静かで安定
> しており、その在り様がどこまでも続いている感じでしたので、ますますど
> う表現していいのか難しのですが(笑)

滑らかさは、表情等に表われていましたね

> そう思って、改めてこうして向き合ってみると、セッションの追体験が起こ
> ってきています。より深く、鮮やかに、精妙に・・・
> 真実と気付きがハートから起こってきます。
> 何も考えず、起こるにまかせてみようと思います。
>
>
>
>
> まず、最初から私の頭上で始まりの花火が上がっていました。
>
>
> さぁ!!奇跡の始まりですよ!!!
>
> どこからか、虹色に光る烽火があがる
> 四方八方に拡がってゆく光
>
>
> 私を抱く真我はどこまでも滑らかで柔らかく・・・静か・・・
>
> 合同共鳴に参加されている方々の意識を感じるとともに・・・
>
> それらと溶け合い 境界線がなくなっていく
>
> 個人が消えてゆく・・・消えてゆく・・・
>
>
> (アイコンタクトが始まる)
>
> 額とその上部、そして各部の奥の奥が振動しながら、浄まってゆく
>
> はっきりとした意識が在りながらも
> インスピレーションが瞬きづづける
>
>
> 真我の傍らで 太古の記憶が浄化されてゆく
>
>
> この地球に人類が生まれてから、いつのまにか生まれたエゴの物語。
> それさえも、あるがままに愛でていた時代
>
> いつの間にか囚われていた
>
> いつ どこで 何が始まりだったのか?
>
>
> 自ら生み出された感情、感覚、みえるもの、みえざるもの
>
> それを「怖い」と思うようになったのは、いつなのだろう?
>
> 「怖い」ものと「怖くないもの」との間で揺れた、はじまり
>
>
>
> 大海原に抱かれているような安心感に在りながら
>
> 古(いにしえ)の物語が空(そら)に還り空(くう)に為るのを観る
>
>
>
> ただ 怖かった
> ひとり ぼっちな気がして
> あんまりにも ひとりぼっちで
> どことも なににも つながってなくて
> わたしは ここにいるのか? いないのか?
> わたしだと思っている私は、誰なのか?何なのか?
> このままでは 耐えられない
> 存在が わからない 
> それが怖い 確かめたい
>
>
> ぽろぽろ・・・ぽろぽろ・・・
> ぽろぽろ・・・ぽろぽろ・・・
> ぽろぽろ・・・ぽろぽろ・・・
>
>
> 流した涙の数だけ
> 悲しくて怖い物語が生まれたの
> その物語を生きた分だけ
> また新しくて古い
> 悲しくて怖い物語が生まれたの
> でも・・・いつでもどこかで祈ってた
>
>
>
> 「神様のところに 還りたい」
>
>
>
> ふと瞼の奥に 小さな光が観える
> ここだよ・・・招かれている感じ
>
>
> 「そのままでいいから 還っておいで」
>
>
> 私は吸いこまれるようにして そこへ向かう
> ふと、隣にも、上にも、下にも
> 私に似ている「私」が沢山いて
> どこからともなく、手を差し出しのべあって
> ひとつになって 光にむかっていった
>
>
> (ハートの共鳴)
>
>
> 胸から愛があふれだす
>
> 胸の奥の奥から叡智が起こってくる
> 言葉にしてみると
>
> 「全部の一部であり それは全部で 全て」
>
> でもそれだけじゃない理解が叡智となって起こってくる
>
> それは命が生まれる瞬間の 眩しい光がはじけるような
> 強くて聖なるバイブレーション
>
>
> どこまでも清らかな聖水がハートから湧き出してくる
> あっという間に
> 自分の全身を満たし
> 部屋中に満ち満ちる
>
>
> 私はふと、それを口にする
> 出たときとは、また違った感覚が私の内部に浸透してゆく
>
>
> 「さぁ 奇跡の始まりだ」
>
> 私の全身の細胞が歌いだす。
>
> 「在りて在るもの すべて幸あれ」
>
> 呼吸が言祝う
>
> そこに宿る光が 私を浸してゆく・・・
>
>
> ありがとうございました。
>
> PS・これが感想なっているかどうかは微妙ですが・・・
> 感想を書こう!としたときに起こった追体験に導かれながら
> そこに浸りながら感じたエネルギーを、私なりに表現してみました。
> 書きながら、どんどん浄化が起こってきていました。
> 真我がどんどん強くなり、豊かな感動として私の内部で波打っていました。
> ありがとうございました。

素晴らしいです。

感想どうのこうのの問題ではありません。

共鳴を通し、個の浄化を超えて、全体の浄化も起こっていたようですね。

そしてまた、真我がより強く、より豊かになりました。

ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
光線 地球 青色 グローバル  - イラスト素材
(c) Graph-Sイラスト素材 PIXTA



今回は、セッションを受けられているC.Nさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

C.N様

感想ありがとうございます。

> 無空様
>
> 本日も素晴らしいセッションをありがとうございました。
> そして、合同共鳴の皆さまありがとうございます。
> 今回も、特等席での妄想感覚全開?の感想を全力で送らせて頂きます。

在るという自己覚醒の状態でのビジョンは、真実のひとつの現われと言えますね。
また、たとえ妄想であっても、気づいていれば、巻き込まれずにそれを楽しむことができます。
>
>
> 最初はいつものように一週間の報告(笑)をしていましたが、
> そうしながらも、意識は合同共鳴にも向けていました。
> 意識を向けた瞬間、多くの存在の気配を感じました。
>
> 前回と違うのは、その賑やかさ(笑)
> 無邪気で、可愛らしい笑い声
>
> アハハ・・・ウフフ・・・キャッキャッ・・・♪♪♪
>
> という感じ。
>
>
> 子供のようでいて、なんというか・・・人間ではない感じ?
> だって・・・こう・・・匂い?が違う感じ??
> 私は妖精かな?と思いました。
>
> 無空さんに伝えると、天使や聖霊かもしれませんね、楽しそうに言われました^-^

先週、ブログでも、森羅万象、あらゆる次元の存在にも合同共鳴は開かれていると表記しましたので、みなさんより積極的に参加されているのかもしれませんね。

真我の絶対的な視点からはすべて幻想とも言えますが、同時に、すべては真我の素晴らしき現れ、素晴らしき同胞とも言えますね。

> うん、天使や聖霊・・・!そんな感じ!!激しく納得!!!
>
> それはそれは嬉しそうに、楽しそうにくるくると踊りながら、笑いながらおしゃべりし
> ている感じ
>
> そんな存在も共鳴に参加しているなんて、素敵♪私までキャッキャッ♪♪
>
> えぇ妄想でも、オッケーです、うん

真我の視点からは、楽しさそのものが本質として存在していて、それがそのように現れているということですね。
楽しいときは、ただ楽しみましょう。
理屈はいりません。

> そんなこんなで、無空庵と愉快な仲間たちの祝宴を共に楽しみながらも
> にぎやかな雰囲気が、徐々に落ち着いていて、しっとりした安らぎにかわっていきました
> ちょっと、今度は大人の時間?なんて遠く~から茶化すようなマインドのチャチャが入 りましたが、どうでもいいので、スルー。

よい態度ですね。

> で・・・アイコンタクトに移行
>
> 無空さんの瞳を観ると同時に
> 強い喜びのエネルギーが湧きおこり膨らんで、拡がってゆく・・・
> あぁ~至福の時間・・・
>
>
> と、急に感じる周波数が、がらりと変わり、なんだか高貴で神々しい雰囲気
> 上から、ファサ~~とオーロラの衣が降りてきたっ!
> 上を見上げると(イメージで)プラチナに輝く髪のオパールの瞳の女神(ウオッ!!)
> なんかこう・・・地球よりも大きい、宇宙規模の大きなお姿に感じました・・・
> ※ちなみにここらへんは、別にいーかーと思い、無空さんには伝えませんでした
> って・・・この感想を書いている(今)をだいぶ前に夢で観ていたことを突然思い出し
> ました
> デジャブ!?
>
> それはさておき
> なんかもう・・・綺麗で綺麗で・・・
> うっとり恍惚です・・・(ハァアア~)
> そうやって、どっぷりひたりながらも
> エネルギーは微細なレベルで一瞬一瞬変化し続けていて
> それに気が付いている意識は、変わることなく変わりながら拡がっていって・・・
> もう、なんだこりゃ!!(←もう、表現しようがない)って感じで・・・
>
>
> 続いてハートの共鳴では
>
> 虹色に光る河が現れました
> と、同時に悲しみが流れ込み、湧いてきます
> それは、悲しみの大河でした
>
> 私のものだけではない感じ?
> それを無空さんに伝えると、そうかもしませんね・・・と静かにうなずいてくれます
>
> どこからか現れてどこかに溶け消えてゆく河の流れは蜃気楼のようでいて、はっきりとした輪郭をもっていて
> そのくせ、とても悲しくて悲しくて・・・でも、決して不快ではなくて、むしろ美しくて・・・
> この現実の世界では、様々な悲しみを題材にして、芸術が生まれるけれど
> そこにどれだけのエゴがはいっているとしても、それを超える美しさが存在しているんだと
> そんな風に思いました

ayaさんも悲しみに関して、書かれていたことがありましたね。

悲しみという名の愛 

> 悲しみってとっても綺麗で、美しいんですね・・・
> この世界で、美しくないものがあるのだろうか?
> そう思うと、エゴがこの世に現れる残酷さと、醜さと悲惨さを、
> オモエハコレデモ、ウツクシイトイエルノカ??と・・・見せつけてくるけれど
> それに気が付いている意識は、圧倒的な慈愛ですべての悲しみを許していて・・・
> それを含めたすべてが、ただただ美しく在りました

真我の視点からは、すべてがそのように美しく在ります。
真我が美そのものでもありますから、その現れはすべてあるがままに美しいですね。

> 気がつくと、私の流した涙もその理由も、全部が無条件に肯定されて許されてしまっていることに気がつきました
>
> 自分の非力を嘆いて
> 罪人のように扱ってきた日々も
> 罪も罰も自分が自分に与え続けてきたことも
> (自分=他人)
>
> 全部が全部そのまんまに愛おしくて
> もう、いいじゃない、それならそれでいいじゃない、って・・・
> それは開き直りとは全然違っていて

すべては愛ですね。

> それから少しすると、いきなり目の前が一瞬暗くなり、青い地球が現れました
> で、地球の一部に小さいけれど強い光が、きらきらと瞬いていました
> その光のまたたきと同時に、光の水紋のような我が地球を包むようにして
> 拡がっては消え、拡がっては消えしてゆくではありませんか!!(オオッ!!)

共鳴で起こっていることをビジョンとして観られましたね。

> これはもしや!!地球がまるっと共鳴しているのでは!?
> てことは、宇宙も共鳴しているってことで・・・
> あーやっぱり、共鳴ってすべてなんだなぁ・・・

> 観ているとなんだか、ものすごい奇跡的にスペシャルな場面に遭遇!?なんだかトキメキます
> それに気が付いている意識は、ますます透明度と光度を上げ続けている感じ
>
> すると・・・遠く彼方からエゴの声が・・・
>
> コレッテトクベツナコトガ オコッテイルノヨ
> ワタシタチハ スゴイコトヲシテイルノヨ
> ワタシタチハ スゴイノヨ
> ワタシタチガシテイルコトハ チキュウニ スゴイエイキョウヲアタエテイルノヨ
> ワタシタチハ トクベツナノヨ
>
> それと同時に意識がますます大きく拡がってゆき存在感が増してゆきます
> そして・・・特別だけど自然なことだよ・・・と・・・

そうですね。
意識である真我・存在がしっかりしていれば、エゴの声が起こってきてもとても弱く、
その声は、真我の大きな愛に包まれ、その中に溶け込んでいます。

> 朝日が昇るように
>
> 風が吹くように
>
> 季節が巡るように
>
> 夜が訪れ
>
> 星が瞬き
>
> 流れ星が落ちるように・・・
>
> 普通で、自然で、普遍で・・・あたりまえじゃないけれど、あたりまえのこと
>
>
>
> あぁ・・・そうだね・・・本当にそうだよね・・・
> 私はいつだって、誰かの何かの特別になりたくて
> 何ものかになりたくて、でもなれなくて
> 自分を肯定できれば、どんな些細なものでもよくて、
> でもやっぱりそれだけじゃ、足りなくて
> そんな自分が辛くて苦しくてひもじかったよね・・・
> (うっ・・・書いていて泣けてきた・・・)
>
>
> そんな風に気付いていると、、感覚がどんどん変わってきました
> 真我・・・無・・・空に支えられ、包まれながら
> 多くの魂の運命が軌道修正されているのを観ました

ニサルガダッタ・マハラジも言ってますが、気づきの本性は、正すこと。
真我に確立された気づきは、すべてを正していきます。
正すとは、本来の自然な姿、自然な流れに還すこと。
それが、合同共鳴では集合レベルで起こっているということですね。

> それは、「良くなってゆく」という感じではなくて
> どんどん「在りて在る」そのものに還ってゆくという感じで
> それでいて、進化していっていて
> 多くの個性が、きらきらと眩い光を放ちながら踊っていました

素晴らしいですね。
美しいですね。

> もう、何もかもが、それだけで大丈夫
> それであるだけで、大丈夫
>
>
> 急がなくても、焦らなくても、必死にならなくても
> 全部全部、大丈夫なんだよ
>
>
> 幸せになりたくて、涙が出るほど安心したくて
> でも、そこからは一番遠いところにいる気がして辛かったけど・・・
>
> 「もう、大丈夫だよ」
>
>
> 無空さん、皆さま、ありがとうございました。(感謝!!)
>
> PS・なんか、長くなっちゃいました、すいません(汗)

今回も素晴らしい感想を全力で送って頂きましてありがとうございました。
子供の頃に封印された、あるがまま、起こるがまま、自由に表現するという真我の質が全開になってきてよかったですね。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているC.Nさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

感想ありがとうございました。

> さっそく本日のセッションの感想を送らせて頂きます。
> 金曜日、午前、11時。
> 合同共鳴に合わせてのセッションでした。

スペシャルな時間でしたね。
>
>
> マンツーマンのセッションとは違う、喜びと感動(神動)に満ち満ちた時となりました
> 。
>
>
> 無空さんに導かれながら、在るに浸っていくうちに、今までとは違う感覚が私の内と
> 外を包みました。

途中、合同共鳴に意識を向けた時から、よりそうなりましたね。
意識を向けること、それに対して開くことで、すでにそこにあるものと、より繋がることができ、感じることができるようになります。

そして、合同共鳴と融合した個人セッションとなりましたね。
>
>
> 無数の命の意識、その存在、愛が私を取り巻いていました。
> そのひとつひとつどれもが、「神」そのものでした。
> あぁ・・・「いのち」は「神」そのものなのだと思いました。
> や、もう、それ以上なんですけど、どう表現していいかわかりません(笑
>
>
> いやはや・・・私のつたない表現力では表現しきれません(笑
>
>
>
> 美しすぎる白い・・・どこまでも透明でありながら、パールホホワイトとダイヤモンド
> の輝きのエネルギーの充満界
>
> そこは、すべが在り、すべてがない「在る」世界
>
> いのち の 源泉
>
> 「それ」そのもの
>
> そこにある・・・無数の命の輝き
>
> その一つ一つに無限の個性
>
>
>
> 荘厳な光景でした
>
>
>
> いのちの光は
> 輝きながら響き合っていました
>
> 歌っていました
> 曲を奏でていました
> 詩を紡いでいました
>
>
> それは 歓喜の交響曲でした
>
>
> 美しくて美しくて目がくらみそうでした
>
>
> どうして・・・こんなにも・・・
>
>
> 自然と笑いが起こってきました
> 自然と涙がこみあげてきました
>
>
> 命の詩・・・その繋がり・・・
>
>
> ひとりなんかじゃあ、ない。
> ずっとずっと、ひとつだったじゃないか
>
>
>
> 今思い出しても、涙がこぼれてきます
>
>
> ひとつひとつの命が、歓喜に満ちていました
> そしてそれをつかさどる世界は無限の無限の歓喜と愛が充満していました
>
>
> セッションが終わったあとも、無条件の悦びと歓喜がつきあげてきました
> そして、祈らずにはおれませんでした・・・
> 後から後から涙がこぼれました
>
>
> 何を祈ったのか・・・良く、わかりません
> ただただ全身全霊で内からこんこんと湧き出す「愛」としかいいようのない
> エネルギーに身を委ねていました
>
>
> 私に詩が書けるなら
> 私に歌が歌えるなら
> 私に踊ることができるなら
>
>
> 表現したい、もっともっと感じたい!!
> あぁ・・・だから、私はこの身に宿ったのだと思いました・・・。
>
> いつもこの「私」は私ではないと漠然と感じていた違和感
> どうにもならないともがいている私を、どうにかすることもなく包む静寂
> 絶対的な安心感、許し・・・慈愛
>
>
> あぁ、生きてきて良かったと思いました。
> 本当に素晴らしい経験をありがとございました。
> 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
>
> C.N

はじめの方に、少しコメントを差し挟ませて頂きましたが、
その後は、文章自体がひとつの生命であり、
美しい真実の調べを奏でておりましたので、
コメントは、差し控えさせて頂きました。

合同共鳴のエネルギーを感じながら、セッション中にあった、

「ひとつなんだけど、でも、一人一人の個性がしっかりあるんですよ。」

「ひとりひとりの最も美しいところが輝いてるんです。」

というようなお話が印象に残っています。

無空庵のセッションを受けれている皆さんでしたら、
合同共鳴中は、より個が落ちている状態だと思いますが、
そのようなときこそ、ひとりひとりの存在がよりはっきりとしてきて、
その存在感が増してきます。

(無ければ無いほど、在るんです。)

ひとつの中に溶けて、それそのものとなることで、
逆に、真我の最も美しい本質がそれぞれの方を通して、
ひとりひとりの個性として現れ、
世界は美しく調和した多様性として輝きだします。

ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ