みりいさん体験談・他

ここでは、「みりいさん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

今回は、セッションを受けられているみりいさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

みりいさん

感想ありがとうございました。

> 無空様

> 第6回目セッションの感想です。

> 共鳴
> いつもの静寂の中で、どこまでもどこまでも深まる感じと、どこまでもどこまでも高みに上る感じがしました。
> 存在の縦軸が伸びたような感覚でした。

認識できる範囲がさらに広がったという感じでしょうか。

> アイコンタクト
> いつもなのですが、1点に集中すると、すぐにそこから大きな広がりを感じます。
> あることにフォーカスすると同時に、その対極(への意識?)が生まれるというか・・・そんな感じです。

それは同時に存在しています。
そして、ひとつであるそれ自身の中で、自動的にバランスされ、調和されます。
すぐに対極が生まれるというのは、その全体性、バランス、調和という質、側面がよく開かれているからだとも言えます。
かなりトータルにそれ(真我・在る・空・愛)に馴染んでいらっしゃるということでもありますね。

> 瞑想
> すべての存在が消えて「これしかない」という感覚になったとき、そこから沸いて来たのは「豊かさ」でした。
> なにも不足するものがない、満ちている、そして次から次へととめどなくあふれて来る豊かさでした。
> 私はその豊かさそのものでした。

素晴らしい側面が開かれましたね。

> ハート共鳴
> 感じていた「豊かさ」は、愛でした。
> そのエネルギーは時には物質になったりお金になったり自由自在に姿を変えるのかもしれないけど、ハートで感じたら、それは無限の、尽きることのない愛でした。

そのとおりです。
すべては愛です。

> それはすでにここにある、私がその源泉だ、と感じて喜び・うれしさがとめどなく沸き起こってきました。
> とにかく、全身全霊で「豊かさ」を感じていました。

それを何度も実感し、何が起こっても一切の揺れ、疑いも起こらないような腑に落ちた深い理解となることが大切です。

> 感想は以上です。
> なんだか、そのときそのときで感じることが微妙に違ってでもすべて真我の側面なんですよね。

そうですね。
それには無限の側面があると同時に、対極にあるようなものを含め、そのすべてがそれ(真我)であるということによる神妙、霊妙なる味わいがあります。

> 無空さんが、「新しい面が活性化されている」というようなことをおっしゃったとき、量子場理論の実験のエピソードで、『物質の基本単位「素粒子」は、波であり粒子である、 それは観察された瞬間に、粒子つまり物質として存在を表す。 観察されるまでは、その存在は決定されない』ということを思い出しました。

量子場理論は、真実をかなりついています。
「観察されるまでは、その存在は決定されない」というのは、まさにそのとおりですね。

> 観察され意識されたことが、「空」のあらゆる可能性の中から選び出され、存在を決定され、この世界に姿を現す、のだとしたら

先週のセッションの「おもしろさ」や今週のセッションの「豊かさ」に気づいた真我はどのように現象世界に現れていくのだろうと思うと(三次元は時間に支配されていてタイムラグがあるわけですから)本当におもしろいなーと思います。

****************

>先ほど送った感想にちょっと違和感を感じるので
>訂正いたします。


>>先週のセッションの「おもしろさ」や
>>今週のセッションの「豊かさ」に気づいた真我は
>>どのように現象世界に現れていくのだろうと思うと
>>(三次元は時間に支配されていてタイムラグがあるわけですから)
>>本当におもしろいなーと思います。


>↑この箇所なんですが、
>一生懸命考えて書いたのが・・・なんだか感覚的にちょっと違うな~??
>と思っていたんですが、やっぱりこれは「思考」だという気がします。

よく気づかれましたね。


>感覚をさぐると、真我は「気づいた」のではなくて
>「知っていた」んですが、ただ新たな仕方で「私という個の意識にのぼった」だけです。

それそのもので在ることによる気づき、理解ですね。
素晴らしいです。
またそれは、真我がすでに知っていたものを個を通して再認識しているという言い方もできます。
個として一度忘れ、あるいは、そこから離れ(実際は1ミリも離れていないのですが)、
再度その豊かさを認識することで、その素晴らしさがより深く、より素晴らしく認識できるという面があります。

ふるさとを一度離れてみると、そのふるさとのよさがよく分る、その素晴らしさが再認識できるというのと同じですね。

さらに別の視点からは、真我は意識であり、知そのもの、「知っている」そのものでもあります。
ただその中味に関しては未知、空です。
具体的に何かを知っているのでなく(可能性としてすべてを持っていますが)、知そのものとして在るわけです。
それ(あるひとつの質、側面)が開かれた途端、みりいさんの言葉で言えば、個の意識にのぼった途端、ずっと前からそれを知っていたという感覚になります。
知っていた、知っている、がすべてに先立ち在り、その後に豊かさや自由、平和などの具体的な質、側面が、現れである個を通して認識されるという視点があります。(これもひとつの視点ですが。また、起こった途端、それが必然(運命)となるというのも同じです。起こる前には無限の自由、無限の可能性があります。そこから、すべては決まっていて、すべては何も決まっていないという理解が起こります。)

これをまた、もう少し角度を変えた視点でお伝えしますと、豊かさ、自由、平和、大丈夫、ちょうどいい、完璧など、それそのものがすべてに先立ち在ります。
そして、それがどのような形でこの世界に現れるかはその時々によりますが、結局は、豊かさ、自由、平和、ちょうどいい、完璧が実現されるということです。
その理解が深いと(そうであると「知っている」レベル)、とても安定していることができます。
これは、セッションを受けられているタユタさんにも、原稿の締め切りの件で、ちょうどいい、あるいは、間に合う、がすべてに先立ちあるのだ、と、ただその時々でそれがどのような形で表現されるかが違うだけだとお伝えしたことがあります。
(仮に締め切りに間に合わなかったとしても、また別の視点や、もっと大きな視点で、ちょうどいい、や大丈夫、間に合う、完璧が実現されます。なぜなら、元がそれであり、それが現れているからです。ひとつであるものはそのように働きますし、そのように現れます。)

その関連の記事がタユタさんのタユタのブログにアップされてあり、お伝えした通りのことが分りやすく起こってきていてとてもリアリティがありますので、ご参考までにご紹介しておきます。
流れがありますので、順を追って読んでいかれるとよろしいと思います。

「ピンチ」
「ピンチ脱出か」
「ちょうどええ」
「なんか足んない」
「靴職人」
「ルイージさんからの助言」

>そして、「どのように現れるのか」を楽しみにするのは、
>どうしても分裂したマインドの感覚があります。

まさにその通りですね。


>感じると、もうすでに私はそれそのものなので、
>どう現れてもそれは重要じゃない、って感じがします。

はい。
素晴らしいです。
それが真我の態度、視点です。
そうすると、逆に、その現れ方にとらわれていたり、執着していたときよりも、現れ方が素晴らしいものになることも多いですね。(それをまた期待するのはマインドですが。)
それでも、真我はどっちでもいい、どうでもいい、ですね(笑)


>タイムラグなんかなくて、すでにそうなっている、という感覚です。
>タイムラグは幻想ですね。

素晴らしい気づきですね。

>一生懸命考えて書いたつもりのことが、感覚的に違う・・・
>なんでかなー?と思いつつそのままにしていましたが、
>合同共鳴を経て、その感覚を言葉にできました。

合同共鳴でもよい共鳴が起こり、よりクリアになられたようですね。


>なので、訂正版としてお送りいたします。

ありがとうございます。


>ではでは、よいお年を!

***********

> 起こってくる事を、あるがままに楽しみたいと思います。


みりい

> 今回もありがとうございました!
> どうぞよいお年をお迎えください。
>
> みりい

こちらこそありがとうございました。
みりいさんもよいお年をお迎えください。

無空


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第二ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のみりいさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2016年1月31日の記事をご覧ください。


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているみりいさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

みりい様

感想ありがとうございました。

> 無空様;
> 遅くなってすみません。前回の感想です。
>
>
> 共鳴
> すぐにどっしりしたものを感じ、いつのまにかそれは軽やかな感じになっていました。

真我はその両方であり、それは同じものの違う側面ということですね。

> アイコンタクト
>
> 意識はとても集中しているのに、広がりを感じました。
> 視界も一点に注がれているのに、同時に全体にいろんな色が揺らめいているのを感じました。
>
> 共鳴の時と同じく、矛盾したものが両方ある状態でした。
>
> ここで「本当に動きませんね。毎回感心するんですけど」と言っていただいて自分でも安定した感覚がありましたが、確認されて安心感を感じました。

この確認も、個人セッションの大切なポイントのひとつですね。
それにより、さらなる安定、確立、そして、深まり等進んでいくことが可能になります。

> 瞑想
>
> 「これしかない」状態を感じました。
>
> 「真我」がそれ自体を更新し続けているという表現について質問しましたが、
> 「これしかない」(「ある」「存在」)を、そこにあるものとして毎回しっかり感じつつ
> 同時に新しい微妙な変化を感じていることを言っているんだ、とわかり、
> あー知ってる、それのことかー、と思いました。

真我は、絶対的に変わらないという側面と、常に新しいという側面の両方を持っています。

> ことばの表現にはやっぱりその人の個性がありますね。

真我から起こる多様性ですね。

> ハートの共鳴
>
> 大きな大きなうれしさ、湧き上がってくる「うれしい」「うれしい」を感じました。
> 表現や言い方は違っても、同じものだという一体感を感じました。

そうですね。
現れは多様でも、その源ではすべてがひとつです。

> 感想は以上です。
> 今回は、リアクションモード・お片づけなどの近況の話やディクシャやヒーリングについて疑問が解けた話など、会話も楽しかったです。
> ありがとうございました。
>
> みりい

ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているみりいさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

みりい様

感想ありがとうございました。

> 無空様;
> 第3回目セッションの感想ですが、今回は、あまりことばが出てきません・・・。

はい、それもとてもいいですね。

> とにかく静かで安定していました。
>
> 無空さんに「動きませんね」とおっしゃっていただいたとおり、
> 動かない「それ」になりきっているような感じでした。
>
>
> 無空さんとのセッションが始まる前からやっていた自分自身のワークショップやセッションの中に共鳴を取り入れてみた時にすばらしい効果があったこと、
> 思いがけなく(他のセラピストさんとの交換セッションと言う形で)
> ハートのヒーリングと浄化が進んだこと・・・などをお話しましたが、
> ただゆだねてこのまま可能性の場が発露するに任せていけば絶対安心だという気がしています。

そうですね。

> その後思うところあってワークショップ等はお休みして今は自分の瞑想を深めることを意識しています。

外側の活動はできるだけ控えて、内側に向かいたくなる時期が起こる場合がありますね。

> そうすると、普段の生活の中でも、毎日起きる現象や感情が、ますます幻想に過ぎないことに気づき個人としてのストーリーやマインドのパワーがますますなくなって「大いなる存在」(真我)だけが本当にリアルなものとして本来の力や静けさを伴っていつも意識として「ある」ような感じがしています。

とてもいいですね。

> 「知って」いたこと、経験した「ことがあること」が、よりいっそうじわじわと「それそのものを一瞬一瞬生きていること」へとシフトしていくような、深まっていくような、不思議な感覚を覚えています。

只今、変容中、シフト中というところでしょうか。

> セッションの時間が、その時間だけで終わらず日常へと広がっているので、そんなことも感想に含めてみました・・・。
> ありがとうございました。
> 次回もどうぞよろしくお願いいたします。
> みりい

とてもよい感じですね。
ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられているみりいさんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

みりい様

感想ありがとうございました。

> 無空様;
> 先日はセッションありがとうございました。
> 感想です。
>
> ・共鳴
> いつものような静かな感じでした。この感覚は普段でも自覚しています。
> 無空さんに「すぐに静寂に入っていきましたね。」「愛に溢れた」「慈愛」・・などと言葉にしていただいて(その表現を全部は覚えていませんが)、そうそう、そんな感じ、とひたすら頷いていました。(笑)

これまでも日常で、この感覚を意識されてこられてきたとのことで、かなり定着されているようですね。

> ・アイコンタクト
> 画面の中の無空さんと目を合わせているんじゃなくて
> 深いところで繋がっている感じ、そこで私も無空さんも混ざり合っているような感じが
> しました。それは時を越えて懐かしい感じでもありました。
> その時に「受け取る力も強いですね」と言っていただいて、あ、そうかも・・・小さい頃からそうだった、と思い出しました。
> なにか自分でも知っていたこと、奥底にあった感覚が無空さんがことばにしてくださることで意識へと引っ張り出されるような気がします。
> するとその可能性の場が開いて、それが「確かなもの」になっていくような・・ありがたいことだと思います。

それもまた自然に起こってくることではありますが、セッションの大事なポイントのひとつでもありますね。
在る(真我・空)は、無限の可能性の場です。
これまで知っていた感覚、そして、未知なる感覚、理解、それらが無限に開かれていきます。

> ・瞑想
> すぐに無空さんという「存在」が消えて自分が広がり、私だけが世界を満たし、私だけになってしまいました。
>
> 「これしかない」「これ以外のものはない」と言う感覚です。
> 私しかいないのに、それは私ではありませんでした。
> ただあまりにも透明で存在するという感覚しかありませんでした。

それ(真我・在る・空)自身に覚醒している状態ですね。

> ・ハート共鳴
> すぐに一体感、繋がり、愛の感覚に入っていってまたまた涙がポロポロ出て来ました。(毎回ここで泣きますねー。いつか慣れるんでしょうか?←マインド)
> あぁ、小さい頃からいろんな場面で感じてきたしあわせな感覚・喜び・うれしさなどは、その時その時に感じては消えて行ったように思えていたけど本当はぜんぶ、ここにある・・・ってわかりました
> 。

そうです。
そこは、すべてのよきもの、素晴らしきものが在る場所です。

> それは来ては去っていったものではなくてずっとここにあるもの、時を超えていつもある同じもの、でした。
> それが、どこまでも深く、広く、満ちていました。
> それは私を離れたことがなく、私はそれそのものでした。
> そのことをいっぱいに満ち満ちて感じていました。
> 今思うとあれは、至福の涙、でしたね。^^

素晴らしい体験と理解が起こりましたね。

> ・・・感想は以上です。
>
> 私は実は、自分の「目覚め」を自覚していました。そういう体験が何度かあったからです。
> でも、それが単なる「一瞥」で終わるのではなく、そこからが私という人生の「始まり」だということもわかっていて、それをどう現象世界に現し「生き方」とするか、がテーマでもありました。

そのテーマを個人を主とするのではなく、真我を主とし、起こるがまま、あるがままとされるのがよろしいでしょうね。

> なのにあまり変わらない(進んでいるように思えない)なぁーと思いつつここまで来てしまいましたが、やはりすべては完璧なタイミングで「起こって来る」こと、理解や安定さは深まるものだということ統合、円熟・・・いろんなことが感覚的に腑に落ちてきています。
> この流れ、あり方、恩寵に感謝しています。

時(タイミング)が来ているようですね。

> ありがとうございました!
> みりい

ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ