H.K(mira nai)さん体験談・他

ここでは、「H.K(mira nai)さん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第二ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他のH.Kさんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2016年1月29日の記事をご覧ください。


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回はセッションを受けられているH.K(Mira Nai)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

H.Kさん

感想ありがとうございました。

> 無空さん
>
> 昨日は、セッションをありがとうございました。
>
> 恋愛と真我について、教えてください、と質問しました。
>
> 一人の誰かを好きになるのも、また一つの現れであると、無空さんはおっしゃいました。
>
> 真我である、普遍の無償の愛から派生した、現われの一つなのですね。

そうですね。

> 無限の現われのひとつ。
> そのなかで、ご縁があった人。
>
> だから、やはり恋愛に、理由はないのですね。
> 誰かを好きになることに、なぜ、はないということですね。

はい。

> もし、あったとしたら、マインドからの偽者かもしれません^^

^^
>
> そして、男女間の愛でも、相手でも、自分でもなく、間の愛で在ること、
> マハラジの言葉を教えていただきました。
>
> その間の、空間の愛を感じるというのが、とても腑に落ちました。
>
> 愛というのは(男女間に限らず)、その空間、スペース、場にあるものだという理解が起こりました。
> 私でもなく、相手でもなく。何かのためでもなく。

それはただ在る愛

存在の愛

純粋な愛です。

関係性から愛が起こるのではなく、愛から関係性、その他すべての現われは起こります。

愛はすべてに先立ち在るもので、けっしてなくなるようなものではありません。

起こるのは感情であり、愛は起こりません。

愛は在るものです。

> 最近、息子に、「ママは僕を見ていない。宇宙を見ている。」と言われましたが、きっとそれでよかったのかもしれません。^^

宇宙(本質)で出会えるといいですね。

そこではすでにひとつですが、現われのレベルでの会話は可能です。
>
> そして、共鳴をして、さらによく分かりました。
>
> 愛に色がなかったからです。
> 白く、すべてを包み、やわらかく、やさしく、溶かしていく、そんな存在でした。
> とても、中庸であり、ナチュラルであり、シンプルでした。
>
> 愛の理解が深まったセッションでした。
>
> とても、安心しました。とても幸せです。
>
> 導いていただくことに、悦びと感謝が沸いてきます。
>
> ありがとうございました。
>
> H.K

ありがとうございました。

無空


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回はセッションを受けられているH.K(Mira Nai)さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

H.Kさん

感想ありがとうございました。


> 無空さん

> セッションをありがとうございました。

> 感想を送ります。

> 日常では、エネルギーは高いまま、ニュートラル。
> 平衡の感覚です。

とてもいいですね。

> とても静かで、落ち着いています。

> 自分が湖ならば、
> 湖に石は投げ込まれますが、すぐに水面はもとの状態に戻ります。
> 石は水面下に消えていきます。

> 水は、光に応じて、いろいろな表情を見せてくれます。
> 朝には朝の、夜には夜の。
> 色彩は多様に変化し続けます。
> その美しさに心を躍らせ、楽しんでいます。

とても美しい例えですね。

> 今週は、
> 「調和」を感じました。

> 人との調和。
> 物との調和。
> 自然との調和。
> 出来事との調和…。

> ありのままに「在る」ことが、相互に、完全な調和を作っているのを感じます。
> 美しい秩序のなかで。

> そして、「私自身との調和」があります。
> 私が私であることの調和です。

> それは悦び、柔らかさ、やさしさ 愉快さであり…そのなかで調和しています。
> すべてを含み、ひとつで完全なのだと感じます。
> あるがままの自分を楽しめることができます。

> 共鳴で感じた在るの側面が、現れの世界で次々と花開いていくようです。

素晴らしいですね。
在るが熟成されてくると、自然にそのようになっていきますね。


> セッションでは、

> 共鳴のとき、混沌とした世界の美しさを感じました。

> それは、アメリカの夜のカーニバル(移動遊園地)のように見えました。

> 夏の夜、歓声、ホットドックの匂い、笑い声、観覧車、綿菓子、
> 空に消えてく音楽、怪しげな人々、いろんな色の電気、大人、子供、女、男…。

> それら、すべてが混ざった混沌とした世界が、いかに美しく、完全であるかを感じました。
> 強烈に、美しい、祝福された世界でした。
> 私は天からそれを見たような気がしました。

祝福する側の立ち位置(在る・真我・天)に在ったということですね。
そこに在り、それそのものであれば、すべては美しく、完全であり、祝福されているということが分ります。


> 今週もすばらしいセッションをありがとうございました。
> 来週も、どうぞよろしくお願いいたします。

> 愛と感謝

> H.K

こちらこそよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回はセッションを受けられているH.K(Mira Nai)さんから頂いたメールをご紹介させて頂きます。

H.Kさん

感想ありがとうございました。


> 無空さん

> セッションをありがとうございました。
> 感想を送ります。

> これが最後と思われる大きな浄化を、無空さんの存在を通して超えることができました。
> すべてを超え、愛に還ることができました。
> この日は奇跡のようで、この瞬間のために、今までがあったように思います。

そうですね。
ひとつの瞬間の中にすべてがあります。
その瞬間が愛であれば、すべてが愛になりますね。

> 愛を絶対的に信頼しましたといった私に、
> 「愛は信頼を超えた、事実ですね」
> とおっしゃった無空さんの言葉が、すとんと自分のなかに落ちました。

> 愛=事実

> 愛=私

> 愛=すべて

> 真我から、体験から知りました。

> 無空さんから、「愛の大家になってください」とおっしゃっていただきました。

> そして、普通の暮らしのなかでは、
> 例えば、家族と時間を共にする、仕事をする、家事をする、人と接する、そんな日常のなかで、
> 愛は深まり続けることに感嘆するばかりです。

> 愛は、
> 何も特別ではありません。
> とても、自然です。

> 朝は至福のゆりかごから、目を覚ますようです。
> やさしさが、やわらかさが、甘さが、ふわふわのふとんになったように感じます。
> その感覚を味わうと溶けてしまいそうに感じます。私は抵抗しません。

> 夫からは、私の言動が
> 「あまりにもポジティブで、もう笑うしかない」といわれました。

> 私の行くところに、笑いがあります。

> そして、大きな変化として、
> 至福と同時に、活力が湧き出しました。

> 快晴の美しく荘厳な雪山の頂上から、山(自分・人生)を見下ろしている気分です。
> 音の消えた世界、限りなく澄んだ空気、そんななかにしっかり立っています。

> その山を一揆に滑り降りようとしています(私はスキーをします)

> スキーをするとき、大自然の美しい山頂に立ったとき、
> (山は天気が変わりやすく、最高のコンディションに遭遇することはめったにありません)

> 斜面のスタート地点で、ストックに体重をかけ、まさに滑り出そうとしている瞬間、
> 「さあ、行くぞ!この山のすべてを滑るぞ!」と心の奥から、気持ちが湧き上がることがあります。

> 最高の瞬間です。
> そのとき私は、とても勇敢で、強く、無言で研ぎ澄まされています。
> 自信にあふれ、何をも恐れていません。

> まさに、今、そのように感じます。
> 一揆に山を下っていきます。これから。

> 森を抜け、岩を飛び降り、
> その空気を、スピードを、雪を、雪の白さを楽しんで。

> 山も私、空も私、そのすべてを全身で感じようとしています。

> そんなエネルギーの高まりを感じます。
> うまく、表現できませんね…。(笑)

いえ、素晴らしいです。
とても伝わってきます。

> 共鳴セッションでは、
> 存在の背後にある場を感じたのが印象的でした。

> スカイプの無空さん、コンピューター、息子の声、机の上の本… それら存在の奥にある、背後のもの。
> 見えている、聞こえている、それよりも、もっと確かな「それ」を感じました。
> すべては響き合いながらひとつです。

そうですね。
「それ」が、絶対的に確かに在るもの
「在る」であり、「愛」です。

非具象の位置に在りながら、様々な姿形となって現れているもの

「それ」を感じていること、「それ」が本当の自分であると深く理解すること、
深く受け入れることが大事です。

> ありがとうございました。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

> 愛と祝福

> H.K

こちらこそよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回はセッションを受けられているH.K(Mira Nai)さんから頂いたメールをご紹介させて頂きます。

無空さん、Wingさん、T.Sさん

今日の、無空庵のブログ、Wingさんの記事を読ませていただき、
あまりにも、感動し、興奮し、気づきが確かになったので報告いたします。

自分のなかで感じていた、ぼんやりと輪郭を持たないものが、
Wingさんの言葉で、今、はっきりと形を表しました。

私たちは、対象物を観るとき、その物と、自己が響きあい、その物のなかに自分を観るということですね。

そこで感じるのは、自分の波動である。
それがWingさんのおっしゃる、対象物との波の一致。

この顕れの世界が無限にあるならば、私たち己の中にも、限りない無限の「在る」が存在する。
それを開いていく可能性があるということ。無限にあるということ。

それを知っていくことが、まさに、「在るが在るを知る」という意味なのですね。

まさに、この顕れの世界は、奇跡以上の奇跡で、

奇跡×奇跡…  それは、いつかT.Sさんが共鳴を形容した

「鏡のなかの鏡、合わせ鏡 無限枚数続く鏡の世界」

それは、すなわち、この顕れの世界であったのですね!!

これはまた違うときの、T.Sさんと無空さんのやりとりですが、

「絶対領域で共鳴するというのは、世紀の大実験です」 というT.Sさんに対して、

「まさにそのとおりです。真我の自らの可能性を幾何級数的に開いていく新しいチャレンジです」 と無空さんがお答えになっています。

これは、共鳴を表現されていましたが、

この顕れの世界で生きることが、世紀の大実験であり、
この顕れの世界で生きることが、自らの可能性を幾何級数的に開いていく、チャレンジなのです!!

感嘆をはるかに超えています。この驚きをどう、表現したらよいでしょう!

まさに、ゼロ意識共鳴は、ひとつの形をとった、凝縮された波動の響き合いです。
合わせ鏡となり、開かれて者を向き合うとき、一方の者のなかにある質が開かれていく。
開かれた者同士であれば、それは、無限の反射率で反射する。

それと同じことを、私たちは、この世界の、この宇宙の、あらゆるものと共鳴することができる。
存在すべてと、共鳴ができる。

なんてなんて、素晴らしいのでしょう。

wingさん、無空さん、T.Sさん、このすばらしい気づきをシェアしてくださり、本当にありがとうございます。

無空庵は最高ですね!!

愛をこめて。

H.K

追伸; 無空さん、どうか、Wingさんと、T.Sさんに、転送していただけませんか?ありがとうございます。


【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ