悟空さん体験談・他

ここでは、「悟空さん体験談・他」 に関する記事を紹介しています。

●ゼロ意識共鳴で、真我・無限の愛である本当の自分に目覚め、本当の自分を実現する!

真我はただ在る。ただ自分自身(愛)である。シンプルな生き方。シンプルな在り方。
無空庵で「愛」(存在の愛)と「空」、そして「在る」こと(自分自身であること)の素晴らしさを知る。
悟り・覚醒・変わらない愛と幸せ・心の平安を実現!

無空庵では、スカイプで全国の方を対象に、ゼロ意識共鳴個人セッションを行っています。
個人セッションは、ゼロ(仏教では空)の意識の共鳴ワークであり、心の浄化法、本当の自分を知る方法、無限の愛と自由、心の平和、本当の幸せ、真我覚醒、真我実現を促す方法です。

ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、フーマン、エックハルト・トール、ガンガジ等の言及する「悟り」「覚醒」「真我」「本当の自分」の実現をサポート!メッセージ1 メッセージ2

※多忙のため、セッションに関するお問い合わせの返信には、数日~1週間くらいかかることがあります。また、同様の理由により、読者の方からのご質問にはお答え致しかねます。ブログへのコメントにもお返しできないことが多いと思いますが、あわせてご了承願います。

公開・日々の小さな合同共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎日6時、10時、11時、11時40分、13時10分、16時15分、17時、18時、21時 2011・11・3~
(6時以外は、無空庵の基本セッション時間です。)。
各30分(その内何分でも構いません。ただそっと意識を向けてみてください。そして、できる方はご自身の存在感覚、在るという感覚、又は、気づいている意識に気づいていてください。)
※参加された方々の記事。
蓮さん①, wingさん①のびのびさんsatorinさん

公開・週一合同ゼロ意識共鳴
※どなたでも、森羅万象あらゆる存在の意識参加自由。
毎週木曜日21時と21時30分から各30分間。 2011・11・10~
※こちらの記事もご覧ください。合同ゼロ意識共鳴は、集合意識の変容を促す。+感想③
第1回感想①感想②
※参加された方々の記事 しみっちさんWingさん蓮さん

こちらの記事は、無空庵第二ブログへ移設いたしました。

(場合によっては、移設記事がネット上に反映されるのに少し時間がかかるかもしれません。その際は、ご不便をおかけし申し訳ございませんが、少しお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。)

第2ブログ案内1

(上記ご案内はリンクになっておりませんので、お手数をおかけいたしますが、URLを入力、あるいは、「無空庵第二ブログ」等で検索して頂きますようよろしくお願い致します。)

無空庵第二ブログ左サイドバーのカテゴリ■セッション体験談・他の悟空さんの体験談・他のところ、または、第二ブログ上部の全記事一覧、または、左サイドバー下部の月別アーカイブ等から、2016年1月26日の記事をご覧ください。

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられている悟空さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

悟空さま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> セッションありがとうございました。悟空です。
>
> なーーんにもわかっていなかったことをお伝えして
> セッションが始まりました。
>
> マスターこと、濱田浩朱さんのワークショップで
> わかっていなかったと痛感。
>
> マスターへ質問した私へのマスターからの究極の質問
>
> 「それって誰が言っているの?」
> 「・・・・・・」
>
> マインドの巧妙さに見事にしてやられ(笑)
> 少しは空を体験していたように感じていたけれど
> いやいや何もわかっていなかった(^^ゞ

分っていなかったと分ることはとても大切なことですね。
ただ、ご自身のブログやこれまで送って頂いた感想など読み返して頂ければ分るように、
かなりクリアな体験はされていることは間違いないですし、
以前の職場等での感じ方の変化なども含め、変容もかなり進んでいます。
そのような中で、まだ真我を知っている個人である状態(個人主体)にある時があり、それに全く気づいていなかったということですね。

マインドはどこまでも主体となり、主導権を握り、物語をつくりたがります。
相当クリアになり、共鳴はとても深く素晴らしい状態になっても、
また別の状況のときには、いつのまにか主体がすり替わり、気づかないうちにマインドが主になっていたりすることがあります。

真我を知るまでは、認識できている範囲内ではずっとマインド主体できたわけですから、真我を知っても、マインド主体のパターンはすぐには落ちず、その習慣の力はしばらく継続して働いていきます。

真我を知って(覚醒して)、その時には、真我それ自身の直知による再認識も起こりますが、分った(悟った、覚醒した)と思っているのはマインドです。(それがマインドがあると気づいていればOKです。)

また、別の視点から見ていきますと、覚醒(再認識)が起こったときのマインドでの純粋な理解の部分と、“自分は分った”という存在の主体としての位置にいるマインドとは違います。後者は自我(エゴ)ですね。

覚醒(再認識)が起こるときは、ある意味、真我自体がトータルに直知する部分の他に、それをマインド的にも翻訳して理解する部分があると言えますが、それは常に気づきとして在る真我が“マインドを通して知るの”であり、マインド(自我)が知るわけではありません。

自我であるマインドができるのは、真我が直知と、そしてマインド(理解するマインド)を通して知った純粋なものを、ある意味、横取りし、自分のものとして所有することだけです。

“真我が”マインドを通して知るのであり、

“マインドが”マインドを通して知るのではありません。

知る真の主体は、マインドではなく、気づきそのものである真我です。

“マインドで”知ることはできますが、“マインドが”知ることはできません。

このように理解しておくことはとても重要です。
この点に注意深くあれば、マインドが主体になることはないでしょう。
知る者、体験者、観照者としてあるのは、常に真我(無・空)です。
マインドが知ったように感じられますが、注意深く見れば、
常にその核には真我が在ります。
それは気づいている意識です。

それを、マインドは、“私が知った”、“私が体験した”、“私が観た”としますが、
マインドは起こったり消えたりする一時的現象で、真の主体にはなりえません。
真の主体は気づいている意識であり、真我であり、永遠不滅の在るです。

真我を知り(覚醒して)、そのような理解が起こり、源と現れの違いが明確に分るようになってはじめて、それまでのマインドのパターンから解放され、真我に確立していくための“スタート地点に立てた”と言えるのであって、そこからが悟後の修行と言われるところになります。

『覚醒の段階で、かなりマインドの成熟が進んでいれば、その後はとてもスムーズな流れになりますが、それぞれの気質、タイプ、それまでのマインドのパターン、その強さ等により、覚醒後の歩みはまったく人それぞれであるとも言えます。
(ちょうどこれを書いているときに、リンクさせて頂いているまるまるさんのブログで参考になる記事が投稿されていました。「ところん、自分のペース」
マインドが未成熟の段階で、何か不自然で強制的な修行や行法、あるいは事故的なもので覚醒が起こった場合などはその後の歩みがかなり大変になる場合等もあります。』

そういう点で、どこまでも謙虚さと注意深さは必要です。

極端に言えば、99%真我でも、1%の個人(マインド)がいつも控えていて、大事な時に主導権を奪われる場合があります。

個人の部分を大切したいという考え方がありますが、その現われである個人の部分がもっとも輝くのは、100%真我に明け渡しているとき、あるいは、真我そのものとして100%真我の立ち位置に在るとき、ただ在るときです。(分りやすい言葉で言えば、無心であるときとも言えますね。)

以前、「真我の世界と現実世界を両方都合よく欲しがっている自分がいます。」という記事の中で「「いいとこ取りしたいマインド」と書いたことがありますが、ここも大切なポイントですね。

個人等現われの部分がもっとも大切にされ、同等に愛され、真に輝くのは、両足でしっかりと真我の場に立っているとき、真我に立脚しているときです。
(Wingさんの4月20日の記事「真我」にあるような、真我に立脚した状態にあるときですね。)
片足マインド(個人)、片足真我というような在り方は、都合のいいマインドの考え方です。
(真我は、それも深い愛で容認しますが。)
マインドが考える、「マインドを大切する」、「個人が大切する」というのは、多くの方(マインド)には受けがよく(特に、真我の視点、真我の知識をマインドを使った場合、多くの方に影響が出る場合があるでしょう。)、賛同されることも多いかもしれませんが、本当の意味では、マインド(個人)を大切にできていません。
必要、状況に応じて、一時的にそれが有効なことはありますが、それはマインドに対する真の愛、真の受容ではありません。

個人の部分を本当の意味で大切にしたいのなら、個人を超え、全体として在ることです。

ただそれ自身(真我・在る・愛・全体)で在ることで、それ自身とその現われすべての面倒を見ることができる真我(全体・在る・愛)として在ることです。

個人を超えず、あるいは、片足だけ真我にあって、片足は個人の領域に残したまま、マインドで個人を大切にしようという態度を保っている場合、真我の方に完全にシフトしたくない個人が巧妙に抵抗している場合があります。
(それを個人の抵抗だと気づいていればOKです。あるいは、今はプロセスの途上にいるという理解があればOKです。)

真我に立脚していれば、自然と個人を含めたその現われのすべてを大切にし、愛することができます。

これは、ニサルガダッタ・マハラジが、「世界を改善したいなら、世界を超えていくことだ」、と言っていることと、ある意味、同じです。
これまでの覚者方が、マインド(個人)は幻想である。マインドを超えていく必要がある。というようなことを言って来た真意、その深い愛を深く知っていきましょう。
それはマインドにはとても厳しく聞こえるかもしれませんが、それは厳しいほどに深い愛なのです。
それはけっして現われの部分を否定しているわけではありません。

分離と制限があり、変わり続ける現われがすべてだと思っていて、そこに巻き込まれ問題を抱えている状態にある方々には、まず、分離がなく、無限で不変である源が在ること、そしてそれが本当の自分であることを伝え、それを指し示し、変化しない絶対安定の源と変わり続ける不安定な現われの違いを明確にし、その立ち位置を絶対安心、絶対安定の源(真我・真の自己)にシフトするよう促すことは、真実を知った先達たちの真の善意であり、深い愛です。

そして、その真の善意、深い愛に導かれ、絶対安心、絶対安全、不変不動、不生不滅である真我に確立すれば、変わり続ける不安定な現われが栄光化されます。
それまで不安定と見えていたものが、素晴らしき真我の現われの永遠の躍動、変容し続ける真実の美、光、愛、調和の現われに一変します。
絶対安心、絶対安定の中で、変化(現われ)を楽しむことができるようになります。

中途半端に、マインドをマインドで擁護するのは、根本的な解決にはなりません。

(真我の立ち位置に立ち、それにマインドが沿う形ならばよろしいですが。)

ときに、状況、必要に応じてそれはあってもいいですが、それが常の態度としてあると、いつのまにかマインドが主体となり、いざというときには、マインドが主導権を握っているという状況が続くでしょう。

それを変えるためには、マインド(個人等)を超えて、ただ在ることです。

起こってくるマインドに対しては、ただ気づいていることです。

それが、真我のマインド(個人等)に対する愛です。

マインド(個人等)はもともと真我から生まれた真我そのものでもあります。

個人を個人の場に置いたまま、その場に執着したまま、栄光化することはできません。

個人を脇に置いたままではなく、個人も含めた存在全体が真我に溶け、透明になることではじめて、個人は、真我そのもの、愛そのものの純粋な現われとして、真の輝き、無限の光を放つようになります。

何度も、真我に戻ることを繰り返していくことにより、徐々に存在全体としてトータルに透明になっていくでしょう。

個人も含めたマインドは真我に溶け、そしてまた、真我であることを思い出した新しいマインド(成熟したマインド)として帰ってきます。

働きとしてはそれまでマインドと言われてきたものとある意味同じですが、自己理解が進んだ者にとっては、それは真我(愛)以外の何ものでもありません。

ただひとつの愛だけが存在しています。

> 痛感は、大切ですねって、分からないことがわかったという事が起きましたねと、
> 無空さんは仰ってくださいましたが
> それさえ気づけないほど、マインドに寄り添っていました。
>
> マインドは普通に、何の違和感もなく、私と一緒に
> 生きてきたんですね。

それは必要に応じて起こってきます。
それに気づいていることが大切ですね。
上にも書きましたが、気づいていることが、マインドに対する真我の愛です。

> 「わ・た・し」と、マインドが中央にどっしりといたことに
> 気づいたセッションでした。

マインドの成熟、変容を促すには、痛感するタイミングで指摘することが大切です。
これはタイプによりますが、常に伝え続けていく場合と、経過を見守りながら本当に必要なタイミングを見て、その時にズバッと指摘する場合があります。
進んでいく中で自然に落ちていく場合もありますし、それ(マインド)がある程度大きくなってからでないと指摘してもまったく響かない場合もあります。

例えば、整体の方などでもありますが、普段から必要以上の緊張や力みがあってなかなか力が抜けない方には、リラックスしましょう、力を抜きましょうと言っても、力が入っていることが普通で、自然になっているため、なかなかそこからそのまま力を抜くということができません。
整体の場合は、ほぐすことによって力の抜けた状態になっていきますのでいいですが、その他の方法としては、一度さらに力を入れて頂き、目いっぱいの緊張状態をつくって頂くと、はじめて力が入っているということが“自覚、認識、実感”でき、そこからはじめて力を抜くことが可能になります。
そのことにより、はじめの力みがあった状態よりもリラっクスした状態になります。

同様に、いつもあって当たり前になっているものは、なかなか気づくことできず、指摘しても響かないことがあります。
その辺は、定期的な個人セッションの中で、一人一人の経過を見ながらアドバイスさせて頂いています。

セッションを継続する中で、自然に落ちていく場合もありますし、クリアになり自ら気づくこともあります。
真我自体の指摘もそうですが、個人の粘着度がかなり強い場合などは、必要なタイミングで随時指摘していくことが有効です。
(相当進んでから、はじめて指摘可能になるような微細なマインド等もあります。クリアにならないと、指摘しても自覚、認識できないような微細なマインドですね。)
特に、真我自体の指摘に関しては、まだあまり響かないような状況のときは、何度か軽く伝えておいて、タイミングを見て、そのときに必要な分だけ踏み込んで伝えます。
そして、ここぞというとき、真我まで光が届くほんの少しのマインドの隙間が見いだされたときには、深く踏み込んで、相手の方のマインドがなんと反論してこようが、抵抗してこようが絶対にゆずらずに、真我に深く真実の光が届くまで伝え続けることがあります。
本当にケースバイケースですね。

> 感想です。
>
> 共鳴
> 空間がゆがんでいく、ゆるーり、ぬる~っと
> 無空さんの顔がゆがんでいく。
> 感情は何もでない。深く静かになっていくのを見ていた。
>
> 愛コンタクト 
> セミ時雨のような音が聞こえる。
> 空間がゆがんでいく、覚えていない。

焦点がそれ(真我)の方に向き、外側に向いていないときは、空間がゆがんだようになることがあります。

外側に焦点が当たっていないとき、外側の世界はまさしく幻想であるということが分ります。

焦点が当たったものがリアリティを帯びます。

そして、すべてのものにリアリティを与えるのが、リアリティそのものである真我(在る)です。
>
> ハートの共鳴。
> 背中の方から広げられる感じ。
> 筒を押し当てられて胸に穴を開けられている感じ、
> もっと開くとお伝えすると、もっとというより無限に開く
> という言葉が降ってくる。
> 在るがわかるというよりは、私はいないを感じる。

いないときは、どこをどう探したっていませんね。
>
> 瞑想
> マインドがそよそよ、さわさわしているのを
> じっと観察していた。
>
> 立場を変えて
> クリア! 久しぶりに明るさを、光を感じる。

立ち場の認識が変わると、状態も変わります。
>
> ニュートラル 
> 私はいない。いないに気づく。
> 無空さんもいない、いないに気づく。
>
> セッションから二日経過していますが、
> とても静かな空間を、在るを感じています。
> 私はいない、を感じています。
> ただ、在るの静けさを感じています。

いいですね。
>
> 悟空

ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられている悟空さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

悟空さま

感想ありがとうございました。


> 無空さま
>
> 本日のセッションありがとうございました。悟空です。
> セッションの始まりにマインドのおしゃべりにお付き合いいただき
> ありがとうございました(^^ゞ。
>
> 今は、マインドのおしゃべりだったなあと気がついています(^^ゞ
> 感謝。
>
> セッションを終えた後、本当に何もない、誰もいないんだなあ。
> すると私自身もいないことになり、ならばいなくてもいいのかしら?と
> ふと恐れがおきてきましたが、、、
>
> やはりその恐れを見つめていると、この肉体、個があるからこそ
> 感じられる事がある。
>
> 誰もいないということ、
> 何もないということ、
> ただ在るを理解できている在るがあること、
> それにはこの肉体は必要なんだろうなあと
> それを理解するためにこの命はあるのかもしれないなあ。
> だから、私がいなくてもいいということはないなあと
> 恐れの向こう側に見えてくるものがありました。

恐れが出てきたときは、今回のようなマインド的な理解もよろしいですね。
さらに進むと、もっとすっきりしてきます。

「すると私自身もいないことになり、・・・・」というマインドが起こらなくなってきます。

また、「本当に何もない、誰もいない」ということと同時に、

「すべてが在る。」ということも分ってきます。

>
> 感想は、終了後、すぐにメモを書き始めたのに、
> すでに覚えていないというそんなセッションでした。
>
> 共鳴
> 久々に美しい光の空間を感じました。
> それは広がりをもっていて
> プラチナ色でそれはそれは美しい、光のウェーブとして感じていました。
>
> 愛コンタクト
> ますます美しさは広がり。何にもない。
> 何もおきていない。
> 「私はいない。誰もいない。」
> そうなんだ、私はいないのだと気づきました。

その「誰もいない」と気づいている存在(意識)が真我、本当の悟空さんです。

> 瞑想
> 深く深く重く重く沈んでいく感じですが
> それは心地よく、スカイブルーの光を
> 感じていました。今日は色をよくみます。
>
> ハートの共鳴
> 「開かれていく世界」という言葉がすぐにでました。
> それと同時にたくさんの花弁を持った花が
> ゆっくりと一ひら一ひら、開いていくイメージでした。
> まるで中国茶にお湯を注いでいったら
> 開くお花のお茶のようなイメージでした~♪
>
> 立場を変えて
> すぐに「しあわせ~」を感じました。
> そして、立場がない、無空さんも私もいない。
> そう、誰もいないを強く感じました。
>
> ニュートラル
> 突然なぜか緊張が走りました。

マインドの本能的恐れだったかもしれませんね。

> 緊張していることに気づくと、それは緩み
> 何もない、本当に何もないと感じました。

ただ気づくことで、それ(近況等起こってきたもの)は変容していきます。
>
> あ~ 不思議で、幸せで心地よくて。
> 私がいないを実感したまま。
> それでも言葉を交わしているのを体感している。
> その不思議でも普通な感覚を味わいながら
> セッションが終わりました。
>
> ありがとうございました。
>
> 悟空

ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ

今回は、セッションを受けられている悟空さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

悟空さま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> セッションありがとうございました。
>
> 共鳴
>
> なかなか静かにならずにおりました。
>
> PC画面の無空さんを
> この肉体の目で見ていないと感じました。
>
> マインドはサワサワしています。
>
> 愛コンタクト
> セッション直後なのに、
> あれ? もう忘れてます(^^ゞ
>
> 外は強風でものすごい事になっていると思いますが
> ここ(部屋の中)は静かだなあと、
> 内側も静かだなあと感じていました。
>
> それでもマインドがサワサワしているのを感じます。
>
> 瞑想
> やはり、目で見ていないと感じています。
> それは丸ごとで観ている感じです。
> 「それ」そのものが観ているんですね。
> この目は使っているようでいて使っていない。

立ち位置がどこに在るか、どう在るかで、
自然にどのように見るか、見えるかは変わって来ますね。
>
> さざなみのようなマインドに気づき、
> ただ在ろうと思いながら瞑想していました。
>
> 無空さんから、静寂があるからこそ
> そのさざなみのようなマインドに気づく、
> 起こっていることに気づくと説明していただき
> なるほど~と、危うく自分を責めそうな所でしたが
> 納得しました。

自分自身が静まっていると(静けさそのものである意識であると)、
微細なマインドの動きにも自然に気づくことができます。
>
> ハートの共鳴
> 緩みます~ 緩んでニヤニヤしてきました。
>
> 立場を変えて
> クリアなのはもちろんですが、私の周りの空気が
> 急に重くなりました。
> それを、私は思わず
> 「自分が重いです~(笑)」
> とお伝えしました。

立場を変えると、自覚がよりしっかりすることは多くあります。
それを濃密、重厚というふうに感じられる方もいらっしゃいますので、
そのような感じかもしれませんね。
>
> ニュートラル 初めてでした。
> とろ~り。
> 蜂蜜をたらしているかのよう。
> 滑らかで、優しくて、ふくよかな
> エネルギーを感じました♪
>
> 以上です。
>
> 益々強風になってきました。
> ニュースで電車が止まっている事
> 外出を控えるようにと伝えています。
>
> 台風や低気圧は必ず過ぎる事を誰もが知っています。
> マインドもこうして、必ず過ぎる事を知った今
> 安心して過ごせていることを実感しています。

理解は、より確かな安心、安定を生み出します。
>
> ありがとうございました。
>
> 悟空

ありがとうございました。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ
今回は、セッションを受けられている悟空さんから頂いた感想と無空の返信を、参考までにご紹介させて頂きます。

悟空さま

感想ありがとうございました。

> 無空さま
>
> セッションありがとうございました。悟空です。
> 感想を送ります。
>
> メモも取りましたし、感覚も覚えてはいるのですが
> どのように書いたらいいかなと思案しながら
> 指に任せたいと思います。

はい、どう書いたらいいかは、「それ」が知っています。
>
> 今回は【普通】
>
> 特別でもなんでもない【普通で当たり前】に気づき
> それで感動していました。

「普通で当たり前」の再認識は、まさに感動ものです。

> 以前、至高体験に近いものを味わっていた私は
> それを再現したいと求めていた時期がありました。
> 今も欲は0とは言いませんが、味わえたらいいなあと
> そんな程度にはなっていました。
>
> 昨日の共鳴の体験は、静かになるのに少し時間がかかりながらも
> 体が溶け出していくようなその時の感覚に近いものがありました。
>
> 大きく違ったのは、以前の感覚をスペシャルなものとして
> 捉えていたので、追い求めるときもあり、またあじわえたらと
> 再現を望んでいたところがありましたが
> 昨日は、【普通】特別なものでも何でもない、普通なんだと
> 確信したことでした。
>
> 普通であることに気づいて感動していました(*^_^*)

普通であることの気づき、とても大事です。

> セッションの終盤には、自分の声が初めて聴くような音と感じ、
> 初めて言葉を発しているような、
> 肉体とかけ離れているところから
> 何かが話しているような
> 不思議な感覚も味わいました。
>
> 前回のセッションで一端に触れた、空の片足をポチャッとつけたと
> 表現しましたが、昨日は両足が浸かったようです♪
>
> 共鳴はうつっていくもの、ご喜元も
> しあわせもうつっていく。
> 私はただ在ればよいんだな。
>
> 豊かである
> 普通である
> そのままである
>
> 無空さんのどなたかのコメントにありましたが、
> 自分で知らずに書いていて驚きました。
>
> ありがとうございました。
>
> 共鳴
> 静かになり、共鳴に入っていく。
>
> 愛コンタクト
> 呼吸が止まっているような
> 体が溶け出していって普通を味わう
>
> 瞑想
> 豊かである。無限の広がり、外でもなく内でもなく
> それである。
> 深まっていく、広がっていく、風通しがよくなり
> 清清しい。
>
> ハートの共鳴
> 無空さんがお花に見えました~♪
> ポピーです!

可愛いですね(笑)

> 立場を変えて。
> クリア、透明感を感じました。
>
> 次回もまたよろしくお願いします。
>
> 悟空

こちらこそよろしくお願いします。

無空

【個人セッションに関してはこちらです。】
【お問い合わせ等はこちらからどうぞ。】

ランキングに参加しています。
よろしければ、クリック応援をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
精神世界ラ
ンキング 人気ブログランキングへ